とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
アルファロメオーハイブリッド化の意義
Category: アルファなこと   2 Comments   0 Trackbacks  
2018年、

マルキオンネがアルファロメオをプレミアム・ブランドと成すべく、
50億ユーロの投資で8台の新型モデルを投入し、
40万台の販売台数を目標に掲げた期限が2018年だった。
(過去記事参照:INDUSTRIAL PLAN

その後、期限を2020年までと修正するも未だ登場したモデルは、
ジュリアとステルヴィオの2台のみである。

そんな中、アルファロメオ開発部責任者であるロベルト・フェデーリが、
雑誌AutoExpressの記者にサード・モデルについて語った。

サード・モデルと目されているのはステルヴィオより大きいサイズのSUV。
フェデーリ曰く、
「ステルヴィオはアルファロメオのDNAの一例だが、
その全てをちょっと大きい車体に転送しても良くないか?」と、
続けて、
「新型車には適度な電化が必要であるが、プラグイン・ハイブリッドだと
アルファのDNAとしては問題となり得るともいえる。
しかし48Vのマイルド・ハイブリッドなら失うものなく出来るだろう」
そして、
「2リットル4気筒ターボエンジンのハイブリッド化で350cvから
400cvに達する満足できる結果をあげている」

新型SUVはBMW・X5並びにメルセデスのGLEの対向車とあるだろう。
ハイブリッドは時代の流れから、またSUVは市場が求める形であるが故、
マーケティングの観点からは正しい選択かもしれない。
しかし彼の言うDNAが顧客が求めるDNAと一致しているのか?
彼が正しければ答えは2年後に判るかもしれない。




スポンサーサイト

Comments

最近では…。
K5さん、ご無沙汰しております。

3聖人の日も終わり、そろそろ新年も明けましてというところですが、最近では「猫も杓子もハイブリッド」、「電気自動車を出しときゃ何とかなるだろ」という考えで車を作っているような気もします。

環境面だけでいえば、それが正解なのかもしれませんが、アルファロメオのようなブランドになると少々遊びがあってもいいんじゃないかな~とも思うんです。

今日の私のブログのお話は「一番遊び倒したアルファ」155 V6 TIのお話です。

またコメントいただければ幸いです。
Re: 最近では…。
こんばんわ、ミーシャさん、コメントありがとうございます。

仰るとおり内燃機関は車を楽しむ上でも守っていかなければならないですね。
その上で環境をも守る技術を開発していく事がメーカーの義務だと思います。

電気自動車はITやヴェンチャーに任せて、
イタリア車は本来の魅力を維持していってほしいものです。
まぁ、能力的に直ぐに電化出来るとも思えないのでね。

Leave a Comment