とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Silver flag 2016 パート2
Category: イべント探訪記   0 Comments   0 Trackbacks  
シルヴァーフラッグの続き。

土曜の午前と午後、日曜の午前と計3回のヒルクライムを行う。

ここからスタート。
IMG_1238.jpg 

カステラルクアートからルガニャーノ・ヴァルダルダまで川沿いの県道を疾走し、
丘を上がるワインディングを駆けゴールのヴェルナスカまでの約8kmのコース。

percorso 2016 

ヒルクライムといってもタイムアタックみたいな競技ではない。
ルールでもレースではないと強調した上で、速度は控えめで追い抜き禁止、
楽しいドライヴを心がけましょうと謳っているとおり、
普段ガレージやミュージアムに眠ってる車で気持ちよく走ろうという、
お祭りみたいなものなのだ。

R0013536.jpg 

スカリーノ(伊語で段付きの意)のDOHCはいつ聞いてもいいね。

R0013541.jpg

アバルト1000TCR 、フェイクかと疑心暗鬼が邪魔をする。

R0013549.jpg

6Cヴィッラデステ、走る姿も美しい。

R0013570.jpg

例のSZも走行可能とは。

R0013553.jpg

SIATA DIANA SPOT 1500
フィアット1400がベースだけど結構好きな一台。

R0013583.jpg

遠目でちょっと見にくいかな?
観衆からの歓声を浴びていたSZに乗り込もうとしているご老人、誰だご存じだろうか?

IMG_1193.jpg

パドックでも周りに人だかりが常にあったこの方、
かのアルトゥーロ・メルツァリオ。
アルボレートの前にフェラーリのイタリア人ドライヴァーで、
ニュルで事故ったラウダを火の車から救出しようとしていたという人。
御年73歳、元気ですね。




スポンサーサイト