FC2ブログ

とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
F1 インドGP
Category: F1なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
周辺住民による開催の妨害が懸念されていたインドGPも結構な盛況のようだった。
コースがダーティなのを除けばサーキットも設備も結構出来が良いようだ。

INDIA2011-4.jpg

この紳士がコースを設計したヘルマン・ティルケ。
韓国や上海、セパンなど最近建設されたサーキットは全て彼の監修のもとに作られた。
これらのコースレイアウトがつまらないとよく言われるが、
このブッダ・サーキットについてはドライバーからも概ね好評だったらしい。

INDIA2011-3.jpg

モータースポーツにとって悲痛だった事故の犠牲者、シモンチェッリとダン・ウェルドンへの黙祷。
後ろで帽子を被ったまま友達と談笑している不躾なやつは誰だ?

2012-Dallara-IndyCar-Lotus-.jpg

インディカーの死亡事故の様に後輪に後続車が乗り上げてしまうのを防ぐのに、
ダラーラ社が来シーズン用に提案するタイヤプロテクター付きマシン。

INDIA2011-1.jpg

こちらはそれをF1に応用した予想図。
エクレストンはさしあたってF1には必要でないという見解だが、
しかしこれは新しい提案ではない。

3156815557_19d1f899c6.jpg

この様にドライバーの安全を考慮したアイデアを具現化したコンセプトカーが40年も前にあったのだ。
ピニンファリーナが1969年にジュネーヴ・ショーで発表したものだが、
当時のデザイナーのパオロ・マルティン氏の先見の明には驚かされる。

INDIA2011-2.jpg

伊のF1中継の新旧テクニカル・コメンテーターの二人。
双方スクーデリア・フェラーリのエンジニアだったのだが、
旧にあたる右側の彼はジョルジョ・ピオッラという人物で、
彼の詳細なイラストを交えた解説は非常に素晴らしく、
模型製作の参考資料としても大いに役立つ。



これが彼の解説書。英語表記のみだが日本でも購入可能。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
スポンサーサイト

テーマ : F1全般    ジャンル : 車・バイク