とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
街の模型屋
Category: 未分類   8 Comments   0 Trackbacks  
以前にも何度かイタリアの模型事情について触れたことがあったと思うが、
まず全くといっていい程、プラモデル文化といものが存在しない。
一握りの愛好家が密かに楽しむ程度なので、模型屋というものが流行らない。

全く無いというわけではなく、ラジコンや帆船模型、ミリタリー物を扱った店はたまに見かける。
そういう中で私がたまに行くこの店は、いわいるミニチュアカー・オンリーの稀有なお店である。

15102011550.jpg

店内は狭いが一階と地下に展示スペースと商品棚がぎっちり並び、
扱っているメーカーや品揃えは申し分ない。

15102011552.jpg

ダイキャストからレジン・キット、ホワイトメタル・キットとなんでもござれ。
奥に見えるは、かのBOSICAの126C2のエンジン・キットとその完成品。

15102011551.jpg

キットもBBRやTAMEOのストックも豊富。

15102011553.jpg

馴染みのお客さんが製作した70年代のピット・シーンのジオラマ。
ピット・クルーはタミヤ製だろうか。

15102011554.jpg

なんとSTUDIO27のキットも扱ってるとは!
どんなイタリア人が買っていくのか見てみたい。

15102011555.jpg

今回の目的は取り置きしてもらっていた、TAMEOの1/64、MP4/4。
注文してから一年近くほったらかしになっていたのだが、
よくも後生大事に保管してもらっていたものである。

P1120709.jpg

それもこれも気の良い店主と女将さんのお陰。
F1談義に花を咲かせた後、150°ITALIA・モナコGP仕様も合わせて購入。
2台で日本で一台分買う位の値段に負けて貰って大満足で帰宅した。

がしかし、このモデルたちが完成する日は、無限に近いくらい遠い先であろう。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記