とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
PRAY(S) FOR JAPAN
Category: 未分類   2 Comments   0 Trackbacks  
今シーズンからF1ではピレリがタイヤ・サプライヤーとして参加。
しかしパフォーマンスにムラがあり各ティームも苦戦しているようだ。
コース上にはタイヤカスが散乱し、走行中に後続車に当たることもあるという。
所詮イタリアのメーカーだから多少の欠点は目を瞑らないと。

それでも私の若い頃はピレリ・タイヤは高嶺の花で、羨望の眼差しを向けていたものだった。
周りの仲間たちは納車されるやいなやショップに駆け込み、
サスをビルシュタインに交換して車高を落とし、
ホイールはBBSに、タイヤはP700を履くというのが流行りだった。

BBSのメッシュホイールに並んで人気があったのが、
国産のメーカーRAYSのVolkRacingの幅広の5本スポーク。
峠族のわりと硬派な車好きが好んで履いていた。

ワンピース鍛造ホイールの製法に定評のあるこのRAYS、
モータースポーツにも力を入れていて国内レースはもとより、
F1ではウイリアムズ・ティームにホイールを提供するほどである。

かたやGT-Rの専用ホイールとしても車体開発から参加、
メーカーのOEMホイールサプライヤーでもある。

そのRAYSが被災地振興支援のチャリティーステッカーを販売している。
ステッカー売上とその同額をRAYSが上乗せし日本赤十字社に寄付する。
prays01.jpg
prays02.jpg
prays03.jpg

RAYSとは少々縁があるので早速協力させていただいた。
159のバンパーのキズ隠しに丁度良いかも。

チャリティーステッカーの詳しい案内はこちら、
504.jpg

coraggio-s.jpg
Grazie per tuo aiuto!
スポンサーサイト

テーマ : タイヤ・アルミホイール    ジャンル : 車・バイク