とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Vフラットの咆哮
Category: F1なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
フェラーリ312Bのドキュメンタリー映画を観てきた。
平日の3日間だけの上映の中、初日の一回目に行ってみると、
上映開始10分前まで誰もいない。貸し切り状態!
本編が始まる頃にはチラホラ他の客も入ってきて、
最終的には200人位のキャパの場内で10人程度の入り。

312b-pop.jpg 

内容だけによっぽどのF1マニアしか興味ないだろうから、
致しかたないにしてもチョット寂しい。

前に紹介したように312Bをフルレストアして
モナコで行われるヒストリックレースに参加するまでを追った
ドキュメンタリーだが、物語的にも観れる
思いのほか巧く出来た作り方になっている。

レースリザルトもあるのでネタバレにはならないから言うと、
主役の312Bは残念ながらリタイアに終わるが、
この軸になる本筋よりもマウロ・フォルギエーリの
人となりが見れた事がよかった。

Vフラット12気筒の生みの親のフォルギエーリは、
なんとなく寡黙で大人しいというイメージを持っていたが、
レストアに召喚された彼がメカニックとやり合う様は、
むしろ厳しい口調で頑固にも見える正しく職人気質なのだ。

ジャッキー・イクスらのインタヴューも多くインサートされ、
中でも語られたクレイ・レッガツォーニ興味深かった。
ラウダやヴィルヌーヴに比べて地味な存在と見ていたが、
彼がイタリアGPで優勝した件は鳥肌が立つ位感銘を受けた。

日本でも観れる機会があれば是非おススメする作品だ。

スポンサーサイト
FERRARI 312B
Category: F1なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
F1の歴史を変えたというフェラーリ312B、
そのドキュメンタリー映画が製作された。

locandina.jpg 

元F1ドライヴァーのパオロ・バリッラが、
モンテカルロで隔年開催されている
ヒストリックレースに走行させるべく
70年のデヴューから46年の時を経た
312Bの車体の生みの親であるマウロ・フォルギエーリと
彼のメカニック達に完全なるレストアを託し再生させる
という情熱を追ったドキュメンタリー。

ニキ・ラウダ、ジャッキー・イクス、ゲルハルト・ベルガー、
ジャッキー・ストゥワート、デーモン・ヒルという
往年のドライヴァーが当時を語るインタヴューも興味深い。


残念ながら特定の映画館で3日だけの上映となる。


Ferrari SF16-H
Category: F1なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
2016年シーズンのマシンはSF16ーH。

”T”に代わって与えられた”H”はハイブリッドを示す。
白が目立つカラーリングは312Tを連想させるが、
馴染んでないせいかカッコが良いとは見えない。

それでも勝てば官軍、速ければカッコ良く見えてくるのかもしれない。
そう願いたいものだ。

sf16_3.jpg

sf16_s.jpg

sf16_f.jpg

sf16_t.jpg

sf16 details



SF15-T
Category: F1なこと   2 Comments   0 Trackbacks  
チームの再編、アロンソからフェテルのドライヴァー交代、マルキオンネがチーム代表と、
大改革にあるフェラーリが今シーズンのマシンを公開した。
ノーズがマシになったくらいで車自体の改革はあまり無いとみられている。

SF15-T ecco

フェラーリがFCAの傘下からスピンオフしたことでロゴを付けない代わりなのか?
今更ともいえる過去の関係を意図させるためなのか?
独立に向けてのキャンペーンなのか?
アルファロメオの印の意図するものは??

SF15-T-Alfa-Romeo.jpg

模型製作に役立つか?ステッカー張り。


過大な期待なしで。。。

テーマ : F1全般    ジャンル : 車・バイク

Paper Dreams  デヴィッド君の場合
Category: F1なこと   2 Comments   0 Trackbacks  
何事も極めれば道は開けるという。

デヴィッド君の場合はF1チームにポストを獲得した。
彼の作るペーパークラフトのF1マシンは緻密に計算されたもの。
紙で出来ている以上に、その精密な再現力は、
レッドブルの関係者の興味を引いたようで、
チームに呼んで紙の代わりにカーボンファイバーで車を作らせた。



趣味が実務になった羨ましいお話し。
あ-、このブログの模型製作を見た誰かが仕事くれないかな-。笑

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ