とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
McLaren Honda MP4/4 其の十五     「掲げてた理想も今は遠く」
Category: McLaren Honda MP4/4   6 Comments   0 Trackbacks  
破壊と再構築を幾度となく繰り返したリアウイング。

R0010781.jpg

その努力は結果には現れず、その形態はかかった時間と労力に見合うものとは程遠い。

R0010787.jpg

錬金術でいうところの「等価交換」。
すなわち無から物は生ずる事はありえず、今あるものは自分の力量そのものである。

R0010793.jpg

思い描いてた理想との違いの幅は技術の低さの度合いと比例するという現実を受け止めよ。

R0010797.jpg

前に進む為には妥協は必然であるが、どれだけ理想に近い妥協であるかが今後の課題。

R0010811.jpg

一つを完遂してこそ次がある。

次には更なる高みを目指して。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
スポンサーサイト
McLaren Honda MP4/4 其の十四     「九十九里を以て道半ば」
Category: McLaren Honda MP4/4   2 Comments   0 Trackbacks  
いよいよ細かいパーツも仕上げていく。

MP441304-1.jpg

部品点数は少ないんだけど、とにかく小さい。

MP441304-6.jpg

素材をそれらしくなんて凝った事など出来ないし、シートベルトはエッチングのままで。

MP441304-2.jpg

サスアームはただのマット・ブラックではなく、フィニッシャーのカーボン・ブラックに、
半艶のクリアーをコーティング。結構良い感じで満足。

MP441304-3.jpg

ボディに組んでいく。

MP441304-4.jpg

リアサスアームも。ドライブシャフトは火で炙ってそれらしく。

MP441304-5.jpg

ミラーとシールドも接着。
端折って見てみたが、ここまで仕上げるのに一ヶ月近く。
それでもゴールは見えてきた。
頑張って一気に完成へ。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
McLaren Honda MP4/4 其の十三     「改悛」
Category: McLaren Honda MP4/4   0 Comments   0 Trackbacks  
最近は製作の時間がないながら、地味ながら磨き作業をコツコツと少しずつ。

mp43072.jpg

パーツが小さいので磨く部分が少なくて良いが、作業がし辛いのもある。

mp43078.jpg

対象が小さいのでどうしても塗り過ぎてしまい、細部のシャープさが無くなってしまった。
今後の課題になる反省点。

mp43074.jpg

翼板のデカールに色が滲んでしまっている。
実はこれはクリア-まで吹いて磨いているところで剥離が起きてしまい、
色の塗装からやりなおした2回目なのだが、一度目ではこんな事はなかった。
同じ手順で同じ手間をかけて行なったが、何故か違う結果となった。

mp43073.jpg

磨いてみると目立たなくなったので、これで良しとしよう。
もう予備のデカールもないし、同じ事をまた最初からやるのも嫌だし。

mp43071.jpg

ここにも問題が一つ。
タイヤのロゴもデカールなのだが、デカールの載りが悪い。
ソフターを使い薄めたクリア-を軽く噴いて、見た目は良い感じにはなるのだが、
ちょっとした衝撃ですぐにヒビが入り、剥離してしまう。
万策つきて解決できないままでいる。

なにか良い方法はないものだろうか。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

McLaren Honda MP4/4 其の十二     「黙許」
Category: McLaren Honda MP4/4   2 Comments   0 Trackbacks  
昨年内に完成は間に合わず、こんな状態で年越し。

RIMG0503.jpg

再びマスキング。再び赤を塗装。

RIMG0513 (2)

マルボロレッドは割りと蛍光色が強めに表現されているモデルカーが多いが、
僅かな実車を見た機会に感じた限りでは、どちらかというと赤が強いと思い、
蛍光ピンクは控えにしておいた。個人的にもこれくらいが好みだ。

RIMG0606.jpg

やっとデカール貼り。これは塗装とは違い好きな作業。

RIMG06066.jpg

マルボロカラーはマルボロのロゴが入るとそれらしく見えてきて、
ちょっとした塗装のアラなんぞ霞んでくるのがまた不思議。

RIMG0611.jpg

ここで問題が発生。
派手な蛍光ピンクのデカールではなく敢て塗りわけしたのだが、
カーナンバーがその蛍光ピンクのままで、ボディも色合いと合わない。
見落としていたとはいえ知っていたからと言って、
果たして結果が変わるかとというとそうでもないだろうし、
今更どうすることもことも出来ないのでスルー。

最近、覚えた技。「見て見ないふり」

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

McLaren Honda MP4/4 其の十一     「迂直の計」
Category: McLaren Honda MP4/4   2 Comments   0 Trackbacks  
またやってしまった。

RIMG0502.jpg

今度は塗装乾燥中にリアウイングが落下、破損、猫の毛まみれに。
製作中にこの部品が不注意で壊れては作り直しと、何回繰り返したことか。

RIMG0525.jpg

このモデルは横板に位置決めのダボ穴が開いていたので組んでから塗装していたが、
やはり塗装後に組んだ方が作業効率が良いので、
ダボ穴を埋めてピンを挿し、ウイングに位置決め穴を新たに付けた。
この一手間を面倒くさがった為に、余計に手間取った事になるとは。涙

RIMG0515 (2)

赤を塗ったボディはというと、

RIMG0516 (2)z

なんと、こっちはホワイトに塗った部分にクラックが!
原因に思いあたる所があるのは乾燥を十分に置かなかったからか。

RIMG0529.jpg

パテを盛った部分もあるのでシンナ-漬けにはできず、慎重に削り落とす。
事を急いてしまうがために、逆に後退を強いられるはめに。

急いては事をし損んずる、か。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク