とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ABARTH 750 ZAGATO
Category: 1000-MIGLIA Clloection   3 Comments   0 Trackbacks  
ミッレミリア・コレクションからアバルト750ザガート。

RIMG0469.jpg

前回のフィアット600の設計者ダンテ・ジャコーザがベストと考えた633ccのエンジンを、
カルロ・アバルトは750ccに排気量アップし2倍の馬力のフィアット750アバルトを製作。

RIMG0454.jpg

1956年のジュネーヴショーでアバルトのブースに展示された、
4つのコーチビルダーによって架装された750アバルトのうちの一台が、
このザガートのベルリネッタ。

RIMG0433.jpg

ザガートの代名詞とも言えるダブルバブルのルーフとリアのインテーク・バルジ、
リアサイドグラスの切り欠きのようなエア・アウトレットが特徴的なこのクーペは、
多くのレースで優勝を飾るなどの活躍をした。

RIMG0473.jpg

1957年の5月11-12日に行われたミッレミリアでは、
アメリカとイタリアの2重国籍をもつドライバー、Alfonso Thieleのドライブする、
このカーナンバー52の750ザガートは総合で63位だった。

RIMG0436.jpg

750ccまでの「Ground-Touring750」のグループでは一位なのだが、

RIMG0441.jpg

このGT750グループで完走した19台は、ルノー4CVとアルピーヌA106以外は
全てアバルト750で、そのうち12台は750ザガートだった。

RIMG0442.jpg

因みにこの年の総合優勝はフェラーリ315S。

RIMG0481.jpg

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

FIAT 508 SPIDER BALILLA SPORT -1933-
Category: 1000-MIGLIA Clloection   4 Comments   0 Trackbacks  
ミッレミリア・コレクションからフィアット508バリッラ・スポルトのスパイダー。

508

以前に紹介した508ベルリネッタのスパイダー・ヴァージョン。
今年のアウトモトレトロにも実車が展示してあった。

508

フィアット508シリーズの最初のモデルが1932年4月12日にミラノ・サロンで発表された。
その丁度80年目の記念にこのモデルカーを紹介したかった。(ちょっと遅れたけれど)

508

1933年に登場した、この丸みを帯びた甲虫の背を思わせるフォルムを持つスパイダー・スポルトは、
名門カロッツェリア・ギアにより、当時の英国車をインスパイアされた意匠になる。

508

エンジンフードとトランクリッドはアルミニウム製で、995cc直4エンジンは
4000回転で30CVを発生、最高速度は110km/hにまで達した。

508

ところでコードネ-ムの508に添えられた、このバリッラという名前の由来をご存知だろうか?

508

1746年12月5日、当時イタリアがまだ分裂した都市国家だった頃、
オーストリア占領下だったジェノヴァで、オーストリア軍隊が移送してた迫撃砲が道中で地面に落下、
困った下仕官が傲慢に周りに居合わせた市民に手を貸すことを要求。
指示に従うようにステッキを振り上げた時、叫び声と共に一人の少年がオーストリア軍に石を投じた。
これをきっかけに市民の反乱へと波及し、終にはジェノヴァから軍を追放するに至った。

508

その少年、本名ジョヴァンニ・バッティスタ・ペラッソの呼称がBALILLA(バリッラ)だった。

508

時は流れムッソリーニのファシスト政権の時代には、少年の斥候兵隊にファシズムの象徴として、
バリッラの名前を登用し「バリッラ少年団」が作られ愛国主義を掲げるプロパガンダに利用される。

508

元々の由来から湾曲してしまったが、イタリアの勇気と若さを表す言葉として、
飛行機や潜水艦、自転車の名前にも使用されたこの少年の名は、
イタリア国家「Fratelli d'Italia 」(Inno di Mameli )の4番の歌詞にも登場する。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

8V ZAGATO -1956-
Category: 1000-MIGLIA Clloection   2 Comments   0 Trackbacks  
ミッレミリア・コレクションからフィアット8Vザガ-ト。

P1140333.jpg

フィアット8Vはヴィニャーレ、ギア、ベルトーネ、ピニンファリーナなどカロッツェリアによる
コンセプトカーや少量生産車が製作され、高いシャーシ剛性はクーペやカブリオレなど
多種なボディタイプの派生モデルがある。

P1140334.jpg

このザガートのクーペもその一つ。
1954年に生産が終了した8V-2ndシリーズの跡を継ぐように登場する。

P1140335.jpg

生産台数25台と少数ながら出力アップされた8V“エロボラータ”ザガートは欧米の競技で活躍する。

P1140336.jpg

中でもナショナル高速レースで1954年から5年連続優勝の記録がある。

P1140337.jpg

1955年にはドイツのアブス・サーキットにて行なわれたベルリンGPで、
ザガートの創始ウーゴ・ザガートの息子のエリオ・ザガートのドライヴで、
強豪ポルシェを相手に優勝、平均速度175km/hでファステストラップも叩き出した。

P1140340.jpg

このモデルは1956年4がつ28-29日に開催されたミッレミリアにおいて、
69位に入ったエリック・ジョシポヴィッチの♯330。
このレースには7台もの8Vザガートがエントリーしている。

P1140342.jpg

因みに総合優勝はエウジェニオ・カステロッティのフェラーリ290MMスカイエッティ。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

FIAT 8V -1954-
Category: 1000-MIGLIA Clloection   4 Comments   0 Trackbacks  
ミッレミリア・コレクションからフィアット・8V。

P1140320.jpg

1947年に当時のフィアットの社長ヴィットリオ・ヴァレッタが米国にも売れる車を作ろうと、
技術主任のダンテ・ジャコーザにV6エンジンとそれを搭載したスポーツクーペの開発を命じた
"progetto 106"(プロジェクト106)が始まり。

P1140321.jpg

ピニンファリーナによるプロトタイプまで製作されたがあまり評価を得られず、
開発自体も必要性をなくし、完成された8Vエンジンが取り残されたままプロジェクトは頓挫する。

P1140322.jpg

1950年、フィアットの営業部はスポーツ・イメージを推しだすためにスポーツクーペの製作を決定。
ようやく日の目を見ることとなった埃のかぶった8Vはシアータのプロトタイプに載せられた。

P1140323.jpg

1952年のパリ・サロンに登場した流麗な車体は、
イゾッタのモンテローザも担当したルイジ・ラピのデザイン。

P1140324.jpg

ところがダンテ・ジャコーザの懸念とおり、技術的に劣っていたのと高価であるため、
商業的には成功するまでには至らなかった。

P1140330.jpg

このモデルカーは1954年にフェイスリフトを受けた2ndシリーズ。
ボディをグラスファイバー製に変更しパワーを125cvにアップするも、この年で生産は終了する。

P1140332.jpg

カーナンバー416の8Vはポイルッチ兄弟のドライヴで1954年のミッレミリアに参戦。
総合18位、GT1500以上クラスで6位の成績。

P1140329.jpg

因みにこの年の総合優勝はアスカリのランチアD24。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

1000-MIGLIA Collection         O.S.C.A MT4 -1957
Category: 1000-MIGLIA Clloection   2 Comments   0 Trackbacks  
久しぶりにアシェットの1000-MIGLIA CollectionからO.S.C.A MT4。

P1130853.jpg

1937年に自分たちの名を冠した会社を離れたマセラティ兄弟が、
レーシングカ-・コンストラクターとして1947年に興したのが、
O.S.C.A (Officine Specializzate Costruzione Automobili - 自動車製造専門工房)。


P1130866.jpg

最初の生産モデルがMT4、(Maserati Tipo 4)4はエンジンの4気筒から。
ボディデザインはフルア。

P1130868.jpg

鋼管フレームにアルミボディは750kg、小型競技車両のカテゴリーで活躍した。

P1130857.jpg

縦置きされた直4エンジンは兄弟がマセラティで培った6気筒エンジンを准えられた。
初期のOHCアルミブロック製から1949年にはツインカムに発展、
2ADと呼ばれるモデルはこのDOHCエンジン。

P1130858.jpg

排気量も1090ccから1340cc、1450ccを経て、
1954年には最終的に1490ccのツイン・スパ-クへとアップワードし、
この1500MT4-2ADはその年のセブリング12h耐久レースにおいて、
スターリング・モスとビル・ロイドのドライブで、フェラーリやランチアを退けて総合優勝した。

P1130865.jpg

このミニカーは1957年の5月11-12日に行なわれたミッレミリアで、
リナルド・マスペリ/エラスモ・フォリエッティ組の#332の車台。
リザルトは総合143位、1100までの小型クラスで5位。
因みに総合優勝はピエロ・タルッフィのフェラーリ315S(#535)。

P1130862.jpg

MT4シリーズは1957年までに80台が生産された。

ブログランキング参加中
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク