FC2ブログ

とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
23a Vernasca Silver Flag 2018
Category: イべント探訪記   0 Comments   0 Trackbacks  
今年のシルヴァーフラッグは
「スピード・イン・ブルー」と銘打ち、
偉大なフランスのレースカーをオマージュ。

Silver Flag 2018 

となれば勿論ブガッティ

IMG_1804.jpg

タイプ35A

IMG_1810.jpg

地金のボンネットはタイプ35。

IMG_1846.jpg

やっぱりA110はオリジナルの方が断然良い。
白もあればトリコロールだったのに。

IMG_1815.jpg

このルノーはDallamano ProtoType1

IMG_1817.jpg

1964年製という意外は詳しい事が判らない珍しい車。

IMG_1851_201807090649106e6.jpg

ゴルディーニ・シムカ・8・バルケッタ。
このタイプのシムカも初めて見た。

IMG_1850_201807090649111f4.jpg

ゴルディーニのヘッドカヴァーもフレンチブルー。


スポンサーサイト
Villa d'Este 2018
Category: イべント探訪記   0 Comments   0 Trackbacks  
時は遡ること5月の終わり、
毎年恒例のコンクール・デレガンス。
今回のテーマはハリウッド・オン・ザ・レイク。
映画に因んだ車、ということだろう。

IMG_1566.jpg 

エントランスを入った直ぐにあるホールには、
まさしく映画に使えわれた特殊車両が。
スポンサーのBMW車限定だが。

IMG_1568_20180613072202f0c.jpg

ミッション・インポッシブルでトム・クルーズが
運転してると見せかけるS1000RRを操作する車両。

IMG_1569.jpg

まるで教習車のような両サイド運転席のミニ。
こちらはイタリアン・ジョブ、ミニミニ大作戦に登場。

IMG_1574.jpg

さてイベントの本命を見ていこう。

IMG_1580.jpg

今回の目玉、ストラトス・ゼロ。

IMG_1597.jpg

ベルオーネ倒産により競売にかけられたコレクション中で、
落札されたうちの一台。

IMG_1601.jpg

ドイツ人のオーナーは気の良い感じで、
子供を運転席に乗せてたりしていた。
うらやましい。

IMG_1645.jpg

Tipo33∥2 ストラダーレが今年のコッパ・ド―ロ

IMG_1712.jpg

しかし年々来場客の数が増加していて、
写真を撮る隙間をみつけるのにも苦労するほどだ。

MOTOR LEGEND FESTIVAL
Category: イべント探訪記   0 Comments   0 Trackbacks  
4月も終盤の週末にイモラでヒストリック・レーシングカーのイヴェント。

IMG_1367.jpg 

FIA やフェラーリのCorse Clienteも協賛していて、
フェラーリのF1マシンやWSCの333SPがコースを疾走。

IMG_1307.jpg

p333.jpg

パドックにはCorse Cliente会員用モーターホームも。

IMG_1332.jpg

カテゴリー毎のレースもあり、シャークノーズのF156。

IMG_1342.jpg

アルトゥーロ・メルツゥァリオのサイン入り。
この手のイヴェントには必ず姿を見せる彼、勿論今回も健在。

IMG_1343.jpg

1968の4月4日にMartini&Rossiのドイツ支店が
ドイツのDC RACINGのポルシェ906に
ロゴを貼付した時から始まったマルティニ・レーシング、
その50週年に因みマルティニ・カラーのマシンが集合。

IMG_1344.jpg

マルティニ・レーシング・テクノ。
カーナンバー22はクリス・エイモンのPA123B

IMG_1311.jpg

ゴードン・マレーの傑作ブラバムBT42とBT45
BT45はアルファロメオ製水平対向12気筒エンジン搭載。

IMG_1356.jpg

こちらはインディカーのアルファ、
マーチ・アルファ90CA-003

IMG_1357.jpg

IMG_1328.jpg

もう、あれから34年。
IMG_1321.jpg





C.A.M.E.R
Category: イべント探訪記   0 Comments   0 Trackbacks  
この時期辛い花粉症。
でもこの時期はいろんなところでイヴェントがあって楽しい。

IMG_1288.jpg 

遡ること一月前の4月の始め、
隣街のレッジオ・エミリアのフェア会場で、
中古車とバイクの部品市に行ってきた。

C.A.M.E.RとはClub Auto Moto d'Epoca Reggiano
と言ってこの辺りでの古い車やバイクのイヴェントなどを企画運営しているところ。

IMG_1270.jpg

そのクラブが開催するこの市は近隣では出店数一番の規模。
でも大方はバイク関係だが。

会場の一角で「エミリア地方ー車の過去と未来」と題して、
モデナを中心としたカーメーカーの新旧スーパーカーを展示。

IMG_1248.jpg

フォーミュラやレース車両のカーボンシャシーの
開発・製造で雄のダラーラ社が、
先日発表した自社ブランドのロード・ゴーイング、
「ストラダーレ」。

IMG_1249.jpg

その向こうはパガー二のウライア。

IMG_1255.jpg

モデナと言えばデ・トマゾ、と言えばパンテーラ。

IMG_1260.jpg

数少ない古車の中でも面白いい物が多かった。
ルノー16は1972年製。

IMG_1257.jpg

まるでフルビア・クーペのモンテカルロ仕様のカラーリングのサーブ96。

IMG_1263.jpg

FIAT 1200 CABRIOLET PININFARINA 
"VETTURE SPECIALI"

IMG_1267.jpg

フィアット1200をピニンファリーナが特装、
"VETTURE SPECIALI"とはまさしく″スペシャルカー″

珍しい上に程度も良い、
価格は要問合せとあるので結構な値かと。


Borsa Scambio -Verona
Category: イべント探訪記   Tags: トイ  ミニカー   0 Comments   0 Trackbacks  
ヴェローナでトイ蚤の市。

verona66.jpg

今回初めて行ったが、この催しものは年2回を30年以上続けている 。

IMG_1193_2018022608154108d.jpg

昨年のレジェンド・カー以来のフェア会場。
相変わらずの殺風景さ。

IMG_1191.jpg

パディリオンではなくビル内の地下フロアでの会場。
なかなかの賑わい。

IMG_1179.jpg

いつもはトリノ周辺のイヴェントを巡ってるが、
其処らに来ている馴染みとは違う業者達がいて目新しい。

IMG_1185.jpg

最近は復刻版のコレクションも発売されているDINKY。
手をだすと深みにはまるので見るだけ。

IMG_E1180.jpg 

このイヴェントはミニカーというよりトイの方が多い。
ヴィンテージのブリキトイなんかもある。

IMG_1182r.jpg 

目立つのが日本製のオモチャ。
懐かしい超合金やソフビはついつい見入ってしまう。

IMG_1186.jpg

全部が日本で販売されたオリジナルのようだが、
どこから流入してきたのか。

IMG_1190.jpg

楽しくて思わずくまなく会場を5週くらいしてしまった。