とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
F1 Collection LANCIA D50 -1955-
Category: F1Collection   0 Comments   0 Trackbacks  
もう一台アウトレットで見つけたF1コレクションのランチアD50。

P1080195.jpg

ヴィットリオ・ヤーノが革新的なアイデアで設計し、ランチアが54年と55年にF1に投入。

P1080197.jpg
P1080199.jpg


エンジンがシャーシ構造の一部と成す、今ではF1の常識の祖となる方法を採用した。
ドライヴシャフトが斜めに配置されシート高を下げ車体を低くすることにも努め、
燃料タンクは車体の両サイドに置かれるなど独創的なデザインになっている。

P1080198.jpg
P1080200.jpg

フェラーリで2年連続チャンピオンになったアルベルト・アスカリが、
ランチアのドライヴァーとなり、このD50を駆るも、
レースシーンに復活したメルセデスのW196の圧倒的な強さに陰に隠れることとなった。

P1080209.jpg

55年のモナコGPでアスカリのD50は海に突っ込む事故が起こる。
私はてっきりその事故でアスカリは死亡したと思い込んでいたが、
本当はその4日後のモンツァのテストでの事故死だった。

P1080203.jpg

それがきっかけでランチアはシーズン途中でF1を撤退することになり、
開発者のヴィットリオ・ヤーノと共にD50はフェラーリに譲渡される。

P1080204.jpg

フェラーリでモデファイされたD50は56年にファンジオのドライヴでチャンピオンカーとなる。

P1080212.jpg

このRBAのD50はカーナンバー4になっている。
この時代はカーナンバーが固定されてなく、レースによって変動したりするのだが
アスカリの車体は26が有名であり、彼の車ではないような気がする。
いろいろと資料を調べて見ると、ランチア撤退後フェラーリに引き取られた
エウジェニオ・カステロッティが4番を付けていたらしい。

P1080205.jpg

なぜアスカリのではなくて、4番なのか?
またしても製作者の意図がつかめないモデルだ。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

F1 Collection Mclaren Ford M23 -1976-
Category: F1Collection   0 Comments   0 Trackbacks  
F1コレクションから、マクラーレンM23-1976年型。

P1080165.jpg

76年のジェームス・ハントのM23は思い出の一台。

P1080169.jpg

RBAのF1コレクションで欠けていたモデルだったが、アウトレットでみつけることができた。

P1080172.jpg

RBAのこのシリーズは基本的に作りが甘いというか安っぽい。


P1080185.jpg
P1080188.jpg


とくにこのM23は酷い方でサスペンションアームとかグリコのオモチャかと思うくらいで、
子供の頃に作ったタミヤのプラモデルに見慣れてた目には、雰囲気が違うから別の車の様に見える。

P1080180.jpg
P1080178.jpg
P1080189.jpg

昨年末にそのタミヤから再販されたM23も、スポット販売だったので再びプレミアがついてるようだ。

P1080186.jpg

あわてて買っておいてよかったぁ。



にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ
にほんブログ村

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

F1 Collection LOTUS78 -1978-
Category: F1Collection   2 Comments   0 Trackbacks  
ロータス79のエントリーでは、プラモデルの話に夢中になり、
ミニカーについての説明が足りなかったので、
今回あらためて78を取り上げてみる。

P1060003.jpg

このコレクションは7,8年ほど前にスポーツ新聞の企画でRBAという、
FABBRIやDeAgostiniと同じ企画物出版社が発行していたもの。

P1050976.jpg

フェラーリF1コレに比べるとクオリティは低く、
それでも当時この値段(8ユーロくらいだったかと)ではこんなものと納得していたが、
クリアーケース付きだったのでお得感はあった。
それでも初号のF2000はここで紹介するのも恥ずかしいくらい酷い代物だった。

P1050978.jpg

超高いクオリティの78はエヌエフさんのブログ、エヌエフ43製作室で紹介されているので、
是非ご覧頂きたい。エヌエフさんお疲れ様でした。

またも模型の話になるが前回の79の時に78の復刻版を望んでると言っていたら、
なんとM23の再販がまもなくされることを知った。

P1060016.jpg

版権の問題が解消されての今回の再販となり、
しかも1/20グランプリコレクション1/12 ビッグスケールシリーズの両方。
M23は78やT3と共に特別な車。

P1060014.jpg

それにしてもこの頃のF1ものが再リリースが続いているが、
いったいどうしたのかタミヤさん。

今回も再販というが設計しなおしたみたいだし、もちろんプライスも上がってる。
中年F1ファンの散財を期待しての戦略なのか?

そしてそれにまんまと嵌められて購入していまうのだ。
ただスポット販売ということだが、次回の帰国まで残っているのか心配。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク

F1 Collection LOTUS79 -1979-
Category: F1Collection   4 Comments   0 Trackbacks  
今シーズンのF1サーカスに名門ロータスの名前が戻ってきたが、
まさしく名前だけ、チャップマンとは縁も所縁もないのだが、
栄光のブリティッシュ・グリーのカラーリングは懐かしきかな。

その名前のさえもライセンス切れで失う状況のロータス・レーシング、
本家ロータス・カーズを所有しているプロトンと、
ティーム・ロータスの名称をめぐる法廷での争いになっている。

それでも来シーズンはあのJPSカラーを纏うと言っていた。
有名なタバコのジョン・プレイヤー・スペシャルの黒に金をあしらった名機ロータス78。
F1のプラモデルに嵌った頃に2台くらい作った思い出がある。

タバコ広告が禁止なのでJPSのロゴはないだろうが、
今のF1の車体にどのように馴染むのか見てみたい。

P1060004.jpg

その77年式78ではなく、79年式79がタミヤの1/20グランプリコレクションで発売された。

P1060008.jpg

79年のシーズンは進化した80が新型車としてデヴューしたが、
思いのほか性能がよくなかったので79も併用して使いまわされた。

P1060009.jpg

JPSがスポンサーから撤退したのを受け、マルティーニ・カラーに変更。
ブリティッシュ・グリーンにマルティーニ・カラーが案外マッチしている。

P1060001.jpg

78年式の79が発売された時も昔を思い出し、
ついつい買ってしまったのだがまだ棚上げ状態。

今回のマルティーニカラーの79年式も欲しいところだが、
どうせ箱積みされるのは目に見えている。

いつかは作るぞ、多分、だから一応買っておこう。

P1060002.jpg

同じくウルフも出たくらいだから、できれば78も復刻版を発売して欲しいなぁ。

にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

テーマ : ミニカー    ジャンル : 車・バイク