FC2ブログ

とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Mabert-due
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
Battilastra(バッティラストラ)、イタリア語で板金工のこと。

往年のカロッツゥエリアが自動車メーカーや
個人顧客のオーダーでボディを架装していた頃は、
職人たちが板金から曲面を叩き出してた。
今では職人の数も減り、新たに職人を目指す若者もいなくなった。

日本からイタリアまで、その技術を学びに来た日本人がいた。
彼とは私が渡伊してから間もなく知り合った。
20年近く家族ぐるみのつきあいで沢山の経験を共有した。

去年の夏、当初の決意を果たすべく日本に戻り、
彼自身の工房を立ち上げた。

Mabert-Dueという名の工房。
彼がイタリアで技術を習得したワークショップからの暖簾分け、
お世話になった師に対しての敬意の表れからの社名である。

今は本場イタリアでも彼ほどの腕と経験を持つ職人は稀である。
日本での成功と、思う存分その腕を振るってくれる事を願う。

MABERT-DUE_2.jpg 



スポンサーサイト
冬のクレモナ
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
正月休み、何処か小旅行と思ったけれど、
全国で0度を下回り日中でも2,3度という寒い日だったので、
近くで済まそうとクレモナへ。

IMG_2670.jpg 

ヴァイオリンで有名な街。
音楽を習う学生も多い。

IMG_2602.jpg

街中にはヴァイオリンや、ストラディバリウス等、
音楽で有名人の銅像があちこちに。

IMG_2600.jpg

立派なヴァイオリン・ミュージアムもあるけど、
お目当てはむしろこ建築モノ。

IMG_2607.jpg

ミラノ公国の統治時代もあったので、
ヴィスコンティ家の紋章、ビシオーネが残る。

IMG_2611.jpg

一番のお目当ては、この鐘楼塔。

IMG_2617.jpg

トラッツォと呼ばれるこの塔は、現存するレンガ造りの建造物として
イタリアで一番、欧州で4番目に高いと言われている。

IMG_2618.jpg

頂上まで502段の階段、高さは約110m。

IMG_2627.jpg

下の四角い部分の階段。

IMG_2631.jpg

4階にある世界最大といわれる時計の機械部分。

IMG_2638.jpg

全体が4段階の年代で増築され、
最後に追加された頂上部分の階段は螺旋上。
安全のため上り側下り側を交互に行き来するため信号がついている。

IMG_2650.jpg

頂上の鐘楼。

IMG_2644.jpg

クレモナ市街を一望。アルプスの山並みも望める。

IMG_2649.jpg

この辺りの特色であるオレンジの屋根をもつ家々が玩具の様。

IMG_2660.jpg

塔に長居してしまい、残念ながら大聖堂は閉館して閉まっていた。
ので、また次回にお預け。

IMG_2667.jpg

ランチにクレモナ料理を頂く。
ポー川流域ということで、米料理つまりリゾットの種類が多い。
パダーナ地域のワイン、フォルターナ(Fortana)を使った
リゾットが美味しかった。

IMG_2683.jpg


RIP HANA
Category: 未分類   3 Comments   0 Trackbacks  
一週間前、飼い猫が急逝した。

亡くなる10日前から餌を食べなくなり、
動物病院で診てもらうと血液検査で腎臓が機能していないと。
何とか食欲を戻す薬や栄養剤の点滴を施すも症状は悪化。
体力も落ち、立つこともままならなくなり、
夜中に発作的に咳き込むと、呼吸ができない様になり、
苦しみがら息をひきとった。

様子がおかしくなる前までは普通にしていただけに、
突然のことに戸惑うまま、いきなりの喪失となった。

IMG_2516.jpg

こちらでもペットの火葬を行うサービスも増えてきているという。
個体づつだと費用は高くなるのだが、
遺骨を骨壺に納めてくれる。

IMG_2521.jpg

いつも外を眺めていた窓辺にて。
安らかに眠ってくれるのを願う。

Arigamo-Arigato
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
いつの間にか夏も過ぎ、夏季休暇も台風と共にあっという間に通過
そして10月も半ば、モデナで東京との文化交流のイベントがあった。

arigamo.jpg 

モデナで日本からのゲストを迎える側に参加させてもらったのだが、
車や音楽、食などあらゆる方面の人と知り合える機会となった。

R0014651.jpg 

これからも長く交流を続けていければ楽しそうだと思う。


ライセンス問題 ‐ TAMEOの場合
Category: 未分類   Tags: F1  Ferrari  ミニカー   0 Comments   0 Trackbacks  
ライセンスの問題がここにも。

R0014509.jpg 

ホワイトメタル・キットのメーカーで有名なタメオ。
長年にわたりフェラーリのマシンを毎シーズン、
時には同モデルで数ヴァージョンをモデル化してきた。

ところが2017年モデルのSF70Hがリリースされない。
目下製作中のアナウンスも聞かない。
どうしたことかと馴染みの模型屋のおやじに問うと、
フェラーリに払うライセンス料が値上がりし、
数千万円とも言われてて然も販売した個体に対して、
ギャランティーを要求しているという。

会社自体がそれほど大きいわけではないので、
さすがに割りが合わないと判断、モデル化を断念したらしい。

本業で販売台数も純利益も増大しているというのに、
そこまでマーチャンダイジングで儲けなくても、、、
いやはや世知辛い。

写真は引っ越しや仕事の都合で渡り3年かかって
やっと完成したF138。
実の制作日数をギュッとすると2か月くらいかな。