とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
ライセンス問題 ‐ TAMEOの場合
Category: 未分類   Tags: F1  Ferrari  ミニカー   0 Comments   0 Trackbacks  
ライセンスの問題がここにも。

R0014509.jpg 

ホワイトメタル・キットのメーカーで有名なタメオ。
長年にわたりフェラーリのマシンを毎シーズン、
時には同モデルで数ヴァージョンをモデル化してきた。

ところが2017年モデルのSF70Hがリリースされない。
目下製作中のアナウンスも聞かない。
どうしたことかと馴染みの模型屋のおやじに問うと、
フェラーリに払うライセンス料が値上がりし、
数千万円とも言われてて然も販売した個体に対して、
ギャランティーを要求しているという。

会社自体がそれほど大きいわけではないので、
さすがに割りが合わないと判断、モデル化を断念したらしい。

本業で販売台数も純利益も増大しているというのに、
そこまでマーチャンダイジングで儲けなくても、、、
いやはや世知辛い。

写真は引っ越しや仕事の都合で渡り3年かかって
やっと完成したF138。
実の制作日数をギュッとすると2か月くらいかな。


スポンサーサイト
Ares Panther:パンテーラの再び
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  

ダニー・バハール、
レッド・ブルやロータスのCEOを経て、2014年にモデナにアレス・デザインを設立。

主に富裕層の顧客向けてロールスやベントリー、メルセデスの
オーダーメイドのカスタマイズ・モデルを制作・販売する。
この度、ビジネスとコンプリート車の製造部門の拡張を目指し、
モーター・ヴァレー・モデナから発信するプロジェクトとして、
デ・トマゾ・パンテーラをインスパイアしたスーパーカー、
アレス・プロジェクト・パンサーを発表した。

Ares-Panther-002.jpg 

ベースはランボルギーニ・ウラカン。
シャーシやV10エンジン等メカニカルな部分をそのまま流用する。

Ares-Panther-003.jpg 

デザインはイメージ画像から窺うだけで何とも言えない。

Ares-Panther-001.jpg 

トム・チャーダのオリジナル・パンテーラは
スーパーカー世代の私たちのハートを未だ鷲掴みにしたままで、
今までも度々オマージュ的な作品が制作されたが、
個人的にはガンディー二でさえも其れを超えるこては出来なかったと思う。

空力のシュミレーションとオモロゲーションの為の開発が進行中で、
2018年中に最初のデリバリーを予定している。


Santo Natale
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
Tanti Cari Auguri di Buon Natale....

alfa-moon.jpg 


バロッコの悲劇
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
FCA所有のバロッコにあるテストコースで
マセラティのプロトタイプのテスト走行中にコースアウト、
直ぐに救急隊員が駆けつけたものの、
潰れた車内に閉じ込められたドライバーが亡くなった。
車両の不具合による事故で、無くなったのは31歳のマセラティ社員、
テストドライヴァーではなく開発技術者だった。

以前にもフィアット車のテストドライブ中に死亡事故があり、
2年間に2回も事故が起こった事を重く見た治金労働者従業員連盟は、
FCAグループに対し危険の有無の責任を問う方針を表明した。

クリスマス休暇直前で浮かれた社内は突然の不幸なニュースで悲しみに沈んだ。
ローマ出身の若いエンジニアの冥福を祈るばかりだ。



Musée automobile PANINI
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
休みを利用してマセラティの個人コレクションで有名な
パニーニ・モーター・ミュージアムを訪れた。

IMG_0739_20170818071119631.jpg

オーナーのウンベルト・パニーニ(Umberto Panini)氏は
イタリアの子供なら誰でも一度は集めていたという
サッカー選手のコレクション・カードを産み出した人物。

panini-fugurini.jpg 

私たちも子供の頃に集めてた野球選手カードのようなもの。

 IMG_0695.jpg

モデナ市街から少し外れた所、
一面の広大な畑の中にある彼の一族の敷地内、
こじんまりとした建物の中に彼が収集した
珠玉の車が所狭しと並んでいる。

IMG_0652.jpg

ヌヴォラーリの6C34の向うにはファンジオの250F。

IMG_0672_20170818071124ff6.jpg

420M ELDORADO
モンツァ500マイル用に制作された、初めて自動車業界外の
企業スポンサーを纏ったイタリアの競技車両。
ちなみにELDORADOはジェラートの会社。

IMG_0659.jpg

ティーポ63

IMG_0663.jpg

ギブリの向うには珍しいプロトやイプ、SIMUNとTIPO124

IMG_0733.jpg

二階にはかなりの数のレトロ・バイクのコレクションも。

IMG_0703.jpg

バードケージの由来たるTIPO64のチューブラーフレーム。

IMG_0719.jpg

2階後方からエントランスへ。
これらの車以外にも収蔵されていないモデルもある。

IMG_0742.jpg

敷地内には牛舎もあり酪農を行っている。
むしろ今ではこちらが本業で
パルミジャーノ・レッジャーノの製造も行っていて、
こちらの製造過程の見学も出来る。

IMG_0637.jpg

故に博物館の周りには年代もののトラクターがずらり。
これらも見るに価値あるものばかり。

IMG_0641_20170827072321e30.jpg 

同じ並びに放置されたようにあるルノー・4はパニーニのカードで覆われてた。