とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Vフラットの咆哮
Category: F1なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
フェラーリ312Bのドキュメンタリー映画を観てきた。
平日の3日間だけの上映の中、初日の一回目に行ってみると、
上映開始10分前まで誰もいない。貸し切り状態!
本編が始まる頃にはチラホラ他の客も入ってきて、
最終的には200人位のキャパの場内で10人程度の入り。

312b-pop.jpg 

内容だけによっぽどのF1マニアしか興味ないだろうから、
致しかたないにしてもチョット寂しい。

前に紹介したように312Bをフルレストアして
モナコで行われるヒストリックレースに参加するまでを追った
ドキュメンタリーだが、物語的にも観れる
思いのほか巧く出来た作り方になっている。

レースリザルトもあるのでネタバレにはならないから言うと、
主役の312Bは残念ながらリタイアに終わるが、
この軸になる本筋よりもマウロ・フォルギエーリの
人となりが見れた事がよかった。

Vフラット12気筒の生みの親のフォルギエーリは、
なんとなく寡黙で大人しいというイメージを持っていたが、
レストアに召喚された彼がメカニックとやり合う様は、
むしろ厳しい口調で頑固にも見える正しく職人気質なのだ。

ジャッキー・イクスらのインタヴューも多くインサートされ、
中でも語られたクレイ・レッガツォーニ興味深かった。
ラウダやヴィルヌーヴに比べて地味な存在と見ていたが、
彼がイタリアGPで優勝した件は鳥肌が立つ位感銘を受けた。

日本でも観れる機会があれば是非おススメする作品だ。

スポンサーサイト
Alfa Romeo Stelvio Quadrifoglio New Record at Nürburgring
Category: アルファなこと   0 Comments   0 Trackbacks  
空前絶後のー!最速ー!SーUーV!

ステルヴィオがニュルブルリングの
カテゴリー最速レコード7′51″7を記録し、
それまでのタイトルホルダー、
ポルシェ・カイエン・ターボSを抜いて、
世界最速SUVとなった。

ドライヴしたのは昨年ジュリアQVで7′32″のレコードをだしたファヴィオ・フランチア


このV6-510cvのQV仕様は2018年始めのラーンチ予定。
価格は87,000ユーロ位の予想。

Vettel drive Giulia
Category: アルファなこと   0 Comments   0 Trackbacks  
ホームのモンツァでは残念な結果だったフェラーリだが、
フェテルとライコネンの二人の正規ドライヴァーと
育成プログラムの生徒ジョヴィナッツィが、
FCAテストコースのバロッコでジュリアを乗り回すという
プロモーション・ヴィデオ。


ステルヴィオをドリフトさせるところも見たかった。

Musée automobile PANINI
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
休みを利用してマセラティの個人コレクションで有名な
パニーニ・モーター・ミュージアムを訪れた。

IMG_0739_20170818071119631.jpg

オーナーのウンベルト・パニーニ(Umberto Panini)氏は
イタリアの子供なら誰でも一度は集めていたという
サッカー選手のコレクション・カードを産み出した人物。

panini-fugurini.jpg 

私たちも子供の頃に集めてた野球選手カードのようなもの。

 IMG_0695.jpg

モデナ市街から少し外れた所、
一面の広大な畑の中にある彼の一族の敷地内、
こじんまりとした建物の中に彼が収集した
珠玉の車が所狭しと並んでいる。

IMG_0652.jpg

ヌヴォラーリの6C34の向うにはファンジオの250F。

IMG_0672_20170818071124ff6.jpg

420M ELDORADO
モンツァ500マイル用に制作された、初めて自動車業界外の
企業スポンサーを纏ったイタリアの競技車両。
ちなみにELDORADOはジェラートの会社。

IMG_0659.jpg

ティーポ63

IMG_0663.jpg

ギブリの向うには珍しいプロトやイプ、SIMUNとTIPO124

IMG_0733.jpg

二階にはかなりの数のレトロ・バイクのコレクションも。

IMG_0703.jpg

バードケージの由来たるTIPO64のチューブラーフレーム。

IMG_0719.jpg

2階後方からエントランスへ。
これらの車以外にも収蔵されていないモデルもある。

IMG_0742.jpg

敷地内には牛舎もあり酪農を行っている。
むしろ今ではこちらが本業で
パルミジャーノ・レッジャーノの製造も行っていて、
こちらの製造過程の見学も出来る。

IMG_0637.jpg

故に博物館の周りには年代もののトラクターがずらり。
これらも見るに価値あるものばかり。

IMG_0641_20170827072321e30.jpg 

同じ並びに放置されたようにあるルノー・4はパニーニのカードで覆われてた。


FERRARI 312B
Category: F1なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
F1の歴史を変えたというフェラーリ312B、
そのドキュメンタリー映画が製作された。

locandina.jpg 

元F1ドライヴァーのパオロ・バリッラが、
モンテカルロで隔年開催されている
ヒストリックレースに走行させるべく
70年のデヴューから46年の時を経た
312Bの車体の生みの親であるマウロ・フォルギエーリと
彼のメカニック達に完全なるレストアを託し再生させる
という情熱を追ったドキュメンタリー。

ニキ・ラウダ、ジャッキー・イクス、ゲルハルト・ベルガー、
ジャッキー・ストゥワート、デーモン・ヒルという
往年のドライヴァーが当時を語るインタヴューも興味深い。


残念ながら特定の映画館で3日だけの上映となる。