FC2ブログ

とあるアルフィスタのある日。 くるまとわいんのスローライフな日々。

プロフィール

k5

Author:k5
イタリアに住んで十年余。
自動車のデザイン会社で働きながら、好きで集めたミニカーの紹介を中心に、アルファとワインの話を日々の生活の風景を織り交ぜて。

検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング参加中
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ

にほんブログ村 車ブログ アルファロメオへ

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Imola Classic 2018
Category: イべント探訪記   Tags: ALFAROMEO   0 Comments   0 Trackbacks  
10月も終わりの週末、イモラのクラシックレースを観に。

IMG_2301.jpg 

残念ながら少し曇り空。

IMG_2298.jpg

サーキットに着いたころにはグループCの予選中。

IMG_2289.jpg


IMG_2355_20181112003513912.jpg 

懐かしのシルクカット・ジャガー

IMG_2346.jpg 

こちらはXJR14

IMG_2367.jpg 

クラシック・エンドゥランスにはT33/3。
元F1ドライヴァーのエマヌエル・ピルロがドライヴ。


IMG_2313.jpg 

60´sのカテゴリーにはボクサーエンジンのGTV。

IMG_2297.jpg 

このイベントにはお馴染みのパンテーラGr4

IMG_2382.jpg 

今年の見納めイベントでした。

スポンサーサイト
Arigamo-Arigato
Category: 未分類   0 Comments   0 Trackbacks  
いつの間にか夏も過ぎ、夏季休暇も台風と共にあっという間に通過
そして10月も半ば、モデナで東京との文化交流のイベントがあった。

arigamo.jpg 

モデナで日本からのゲストを迎える側に参加させてもらったのだが、
車や音楽、食などあらゆる方面の人と知り合える機会となった。

R0014651.jpg 

これからも長く交流を続けていければ楽しそうだと思う。


訃報 マルキオンネ逝く
Category: 時事なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
s-marchionne.jpg 

先日、突然の退任がFCAからアナウンスされた後、
昏睡状態であるとの声が飛び交う中、
セルジオ・マルキオンネの訃報が届いた。
66歳だった。

肩を手術した後に合併症を起こし様態が急変、
そのまま回復することなく逝ってしまった。

原因の詳細は発表されてはいないが、
ヘビースモーカーであったために、
肺癌だったとも言われている。

肩の手術自体も結局のところ理由も解っていない。
社内の中には陰謀説まで囁かれていて、
急遽のCEO交代劇があった時には、
既に亡くなっていたとも言う人もいるくらいだ。

14年に渡りフィアットとクライスラーを救った、
’交渉の達人’と呼ばれたマネージメントの雄の、
冥福を祈りたい。


セルジオ・マルキオンネ時代の終焉
Category: 時事なこと   0 Comments   0 Trackbacks  
本日マルキオンネCEOの退任が正式にアナウンスされた。

数週間前に肩の手術をし、スイスの病院に入院していたのは、
社内では非公式だが知れていた事実だった。
そのため予算等の承認など業務が滞り、
私の部署の仕事にも支障が出ていた。

だが健康状態が悪化、CEOの任に復帰不可能とみなし、
本日の午前中に取締役会議が招集され、
後任の選出が決定された。
25日に控えた予算会議を控えての緊急な決断だったのだろう。

6月1日のCMDでも本人が宣言していたように
2019年の4月には退陣するはずだったし、
公認候補もEMEA責任者アルフレード・アルタヴィッラ、
CFOのリチャード・パーマー、マニエット・マニエッリ
CEOのピエトロ・ゴリアの名が挙がっていた。

FCAのCEOとして正式に発表されたのは
JEEPブランド責任者だった、マイク・マンレイ、 
54歳という若さだ。
Mike Manley  

フェラーリCEOにルイス・カミッレーリ、
フィリップモリス会長の経歴をもつ。

Camilleri.jpg 

プレジデントのポストには創始アニエッリ・ファミリーで
アッボカートの孫で、グループ内投資会社である
エクゾール現CEOのジョン・エルカンが就く。

マルキオンネが最後に公に姿をあらわしたのは
ジープ・レネゲードのカラビニエーレ仕様の
納車セレモニーだった。

sergiolst26062018.jpg 

彼の統治時代は終わった。手腕の良くも悪くを別にして、
フィアットを赤字から黒字に建て直した功績は歴史に刻まれた。

新しい時代に期待しよう。



23a Vernasca Silver Flag 2018
Category: イべント探訪記   0 Comments   0 Trackbacks  
今年のシルヴァーフラッグは
「スピード・イン・ブルー」と銘打ち、
偉大なフランスのレースカーをオマージュ。

Silver Flag 2018 

となれば勿論ブガッティ

IMG_1804.jpg

タイプ35A

IMG_1810.jpg

地金のボンネットはタイプ35。

IMG_1846.jpg

やっぱりA110はオリジナルの方が断然良い。
白もあればトリコロールだったのに。

IMG_1815.jpg

このルノーはDallamano ProtoType1

IMG_1817.jpg

1964年製という意外は詳しい事が判らない珍しい車。

IMG_1851_201807090649106e6.jpg

ゴルディーニ・シムカ・8・バルケッタ。
このタイプのシムカも初めて見た。

IMG_1850_201807090649111f4.jpg

ゴルディーニのヘッドカヴァーもフレンチブルー。